Gypsy

療養生活も4か月目。

体調は一進一退を繰り返していて
なかなか喜ばしいご報告も?
出来ないまま今日まで来ています。

そんな中、なんですけど
楽しいことや嬉しいことも
無いわけではなくて・・(笑)

まずは緊急事態が解かれたこと。
ホントに「まず」って感じ。
やっと動き出せるようになった。

そして、お花見時期や黄金週間など、
折を見て集まってくれる方々との
語らいに心癒されることも多く

全く形にとらわれない様々な会話が(笑)
人と会うことままならないコロナ過の中、
固まった心を柔らかくしてくれました。

ほんと、心を開いて話をしてくれる
周りの方々に深く感謝しています(愛)

そして、そんな頃でしたが
友人たちが住んでいる
南の島へ遊びに行きまして・・

そこでの時間が実に心地良かった。
そして、そのことが思いのほか、
人生に新たな息吹を吹き込んでくれた。

環境変えてみるっていいのかな?
島で生活ってどうなんだろう?

それからは移住に対しての勉強、
なぜ行きたいのかと言う自問自答。

まぁ、その後もあれやこれやと?
様々思いを巡らすうちに、

・・ふと・・?

東京から九州へやって来た時も
何の当てもなしに来たよね?
ワクワクする気持ちだけで(笑)

当時、戸越銀座に住んでて
五反田の高名な占い師の方に
引っ越しの事を占ってもらったら

九州の人たちは気性が荒い!
アンタみたいな人が行っては
きっと身が破滅するだろう・・

って、行くのに難色を示された。
実際、引っ越すんですけどネ・・(笑)

その上、気性が荒い!って方々に
鬼平とか命名されてましたけど(笑)

その頃の自分のことを思えば、
よし、行ってきなさい!!
って、言われたかったんだと思います。

この先の未知の事にノーガードで
飛び込めるような歳(32)でもなく

とにかく誰か、「背中押してぇぇ!」
って、胸の内だったんだと思う。

でも、当時相談できる人もなく
お金出して占い師に見て貰ったら

「身の破滅」

って言われる有様で・・(笑)

それでも行ったってことは
それだけ行きたかったんだよね。

そして来た九州での27年の日々。
いやぁ、沢山の経験をさせて頂いた。

色んな事がひと段落した今、
様々なチャプターが心のあちこちで
コラージュしながらループ再生してます。

さて・・

さすがに32だったころと今じゃ?
引っ越すと言ってもちょっと違って
(ちなみに今年で59ですからw)

人生のワクワクとか、そうじゃなく。
病気の療養とかもあるわけで・・

静かに自分の人生の編纂をしながら
その次のフェーズへの準備をするのかなと。

人生が長いのならば、緩急をつけて
こんな時間の使い方も一生の中で
あってもいいんじゃないかと思います。

決断まで時間をかけるタイプなので
いずれにおいても悔いは無いのかもしれない。
納得できれば、僕に悔いは無いです。

マイペースが守れなくて急いだり、
何かに気を使って考えを端折ったり、
そんな時は大概、躓きますね、あはは(泣)

でも、今回に関してはそうではない。
とにかく、ここまでの人との繋がりを
きちんと大事にしながら進めていく。

だから、最近はブログを更新できなかった。

大事にしている人が、大事にして下さる人が
沢山いるこの街を離れる報告をすることを
そう易々と出来るはずもなかった。

大事なことを話そうとするたびに
人は言葉を選んで言葉を失うんです。

何度も何度も思い返したり、
書き直したりするのに

心に浮かぶものが筆に反映しない。
出来が悪いもほどある・・(涙)

・・と言う訳で、???

また一つ自分の世界を広げるため
ちょっと出かけてまいります(笑)

今日はこの辺で・・(愛)



1,2度・・闇を照らして稲妻が光る
あなたはその時見るのよ
あなたの中にいるGypsyを・・


スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム